F1ドライバーの運転が並外れて上手いのはなぜ?特別な才能?

f110 3 150x150 F1ドライバーの運転が並外れて上手いのはなぜ?特別な才能?こんにちは、かずみみです。

今年もF1日本グランプリが
10月5日に開催されますよね。

車好きな僕にはもうたまらない
最高のお祭りの瞬間です。

 

プロフィールでも書かせてもらい
ましたが僕は、車が大好きで草レース
にも自分の車で参加したりしていました。

 

運転席の座席もフルバケットという
チャイルドシートの大人版みたいな
感じにして

 

どんなに運転中にGがかかっても
運転する体勢が崩れないので
運転に集中出来るようにしていました。

 

少しでも運転が上手くなりたい
サーキットでいい走りが出来るように
毎日夜中になると走りに行っていました。

 

どこに?っていう事は言えないのですが・・・

 

漫画であるイニ〇〇ルDのような
感じで練習していました。

 

本当に仕事が終わるのが深夜でも
欠かさず走りに行っていましたね。

 

当時はまだ今ほどガソリンも高く
なかったのですが、それでも
給料の半分はガソリン代に消えていました。

 

F1グランプリもまだ鈴鹿サーキットで
行われていた時に行って見て来た
のですが

 

あの音といい、緊張感といい
見ている人達の熱気といい
もう最高の場所なのですが

 

なんといってもドライバーの
運転技術の高さには、見ていて
これが人間の運転なのって感じです。

 

F1ドライバーは、コースを何度
走ってもほぼ同じタイムで走る事が
出来るっていうのを知っていますか

 

レース中は競っているので難しい
ですけど練習走行では、同じタイム
で走る事が出来るのです。

 

それはベストタイムで走るコツを
知っているからなのですが

 

ここの直線で何キロ出して走るには
手前のコーナーをこのスピードで
抜けること

 

そのコーナーをこのスピードで
抜けるには、コーナーに入る時の
進入角度はこの角度で入る

 

そしてコーナーにこの角度で
入るには、その前までにこの走行ライン
にいなくてはいけない事

 

このようにベストタイムで走るには
全てのコーナーや直線を一つ一つ
ベストの状態で走っていく事なのです。

 

小さな積み重ねが繋がって一つの
ラインとなっていくので、ひたすら
コースをクリアするために走り続けて
いるのです。

 

日本人初のF1ドライバーの
中島悟さんも最初は地元のいつもの
場所で何度も何度も繰り返し
毎日走り込んでいたと言っていました。

 

そうすることで、運転技術や車の動き
などあらゆる事を覚えていく事が出来て
F1ドライバーになる事が出来たと

 

僕も毎日走り込んでいたのですが
これって今やっているアフィリエイトに
すごく似ているのですよね。

 

車の場合はとりあえずコースを走る
自分のタイムを知って、そのタイムを
少しでもよくするために走る

 

どこが出来ないのか、運転技術を
上げるためには、まず運転すること

 

そして走りながら、ここのタイムを
上げるにはその前のコーナーを
上手く走る事が出来ないといけない

 

その為にはそのコーナーを
上手く走るためにはどうすれば
いいかと考えながら走る

 

走っても走っても上手く走る事が
出来なければ、上手く走っている人の
後ろについて走ってみる

 

どこが自分と違うのか、どのように
走っているのか自分の走りと比べて
違いを見つける

 

そして必ず自分との走りの違いが
あるので、その場所を見つけて
出来るようにまた走る

 

それの繰り返しでタイムが少しづつ
上がっていくようになります。

 

アフィリエイトの場合だとまず記事を書く
自分の記事のアクセスを知ることで
そのアクセスを上げるために記事を書く

 

車の運転技術は、アフィリエイトの
場合は、コピーライティング(文章力)です。

 

コピーライティングを上げる為には
とにかく記事を書くことしかないので
記事を書く

 

1つの記事を書くことが、運転では
1回コースを走って運転すること

 

そしてタイムはアクセスと同じ
なのでアクセスを上げるには
どこが出来ていないか考える

 

キーワード選定が上手く行かない
場合は、色々なキーワードで記事を
書いていく

 

それでもアクセスが上がらない時は
キーワード選定の前に、ネタ話題を
選ぶ所が上手くいっていない

 

じゃネタ話題選びから考えて行かなく
てはいけないという事に気づいて
色々なネタ話題で記事を書く

 

色々なサイトを見る事が、上手く
走っている人の後ろを走る事と
同じで

 

必ず自分とはどこか違うネタ選びや
キーワード選定をしているので

 

自分とどこが違うのか調べていく
うちに色々な事が見えて来る
いままで気づかなかった事など

 

そしてその気づいた事を実際に
自分で記事を書いて実践していく

 

運転技術も運転をし続けなければ
上手くならないし、運転し続ければ
自然と技術も上がっていく

 

コピーライティングも記事を書き
続けなければ上手くならないが
書き続ければ自然と上手く書ける
ようになっていく

 

こうやって一つ一つ自分が出来ない
事をどこが上手くなかったのか考え
ながらやっていけば

 

自然とタイムもアクセスも上がって
いくので、すごく似ています。

 

そして一度身に付けた事は
色々な事に応用していく事が
出来るので

 

違うコースを走っても基本的な
走り方やコース取りの考え方は
同じですぐに対応できるように

 

キーワード選定が上手く出来る
ようになると、色々なジャンルの
記事を書く事にも対応できる

 

ただ一つ大きな違いがあるのは
運転技術を上げるにはガソリン代
という大きな出費がかかりますが・・・

 

アフィリエイトは記事を書いて
いくのにお金がかからないですし
逆にアクセスを集める事が出来れば

 

収入が入ってくるので、ここの違いは
とても大きいですね。

 

ガソリン代を払ってくれるスポンサー
を見つけるには、とてつもない時間の
走り込みと練習が必要になってきますからね。

 

タイムを上げる、アクセスを上げると
同じような事ですが、やればやった分
自分に収入という大きな物が入ってくる。

 

自分のやりたい事をやって収入が
入ってくるのはやはり魅力がありますし
遣り甲斐もありますね。

 

F1の話から、アフィリエイトの話に
なってしまいましたが、あの人間離れ
した運転技術を作っているのは

 

常にどうすれば早く走る事が
出来るか、考えながら小さい頃から
ずっと走り続けてきた結果なので

 

このドライバーも昔は、早く走れなくて
一生懸命走り込んできたんだなと
思って見ると面白いですよ。

 

その最高峰が今F1ドライバーズシート
を獲得してレースをしている22人です。

 

いかがでしたでしょうか?参考になれば幸いです


もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。


コメントを残す